昨日地域の方からお電話頂きました。市の広報の政策や予算説明がカタカナ多くてわからない。どういうことか分かる言葉で教えてほしい、という内容でした。担当課に伝えてきました。ホスピタリティー、サスティナブル、インバウンド、SDGs…
私も英語が大の苦手。あちこちで聞かされてやっと少しは意味が分かるようになってきましたが、鍵となる言葉が意味がわからないと話がちんぷんかんぷんになってしまうわけです。
逆に若い世代にはむずかしい漢語でいうより、スマートに頭に入るのかもしれませんが、さっと携帯のGoogleで調べることはしない高齢者には新しい言葉を調べて読むこともむずかしいでしょう。広くみんなに訴えることはむずかしいな、と思います。
私のお便り、文字が多くて話がくどいと、息子たちには不評。
年配の方には読みやすいよ、と言ってもらうこともあるのですが。