中心市街地活性化の中に「店舗リフォーム制度」というのがあり、駅周辺の空き店舗に条件があえば開店のためのリフォームに助成金が出る。ホームページなどへの告知もなくて、一般に知られていない。不動産屋さんの助言で市役所窓口を訪ねて相談したのに、「そんな制度はない」と言われあきらめてリフォームを自費でやった方がいて、市の対応が誤りでは?と交渉、遡って支給を求めていた。年度をまたいだが、支給があった❤️ まだ店舗リフォーム制度、ホームページに載ってなかったので、平等に告知するのではなかったのか?と今日きいたら、今度広報にのせるとのこと。改善されていくことは歓迎。お金の流れの不透明さや市民への不平等があってはならないと思う。そもそもこの制度、年末の民商の対市懇談の席で「店舗リフォーム制度はあります。知らないんですか?」と言われて何?それ?と調べた中で発覚。現にリフォームしている民商のかたが知らなかった。「申請おりてうれしいけど、はじめに助成が受けられるとわかっていたら、ちゃんと看板くらいつけれたんだけどな。」というため息に、同じようなことは二度と嫌だ❗と思いました。