行革審の答申がでた。的を得た答申じゃないか(部分的にはそりゃ反論もあるけど)と聞いていたら、市長も共感できると言っていた。同じだねえ。市民の共感を大切にコロナ危機のもと社会変化に柔軟な対応を。新しい「疎」を考えた基準の変化、地域拠点の他に身近な防災機能などもある生活を支える施設の必要性なども出され、公共施設の再編を財政の側面だけでなく、市民の満足度を高める好機として協働型で推進してほしい、といった内容。協働型と言う名のもとに自己責任・地域丸投げにしないで、公共の役割をしっかり押さえる必要はあるが、修正の方向性は賛成できます。商工会議所と民商、農協と農民連、連合と全労連。今ほど思いが近づいていることはないんではないのか?コロナ危機の前、みんなの思いは同じです。自民党政権だけが財界やらお金持ちやらトランプさんやら大多数の国民と違うほう向いてるから言うこと、やることがずれまくるんだよね。