昨日は地元の東中学区のまちづくり地区集会に参加しました。いまから大須賀中学区の会にリモート参加です。
・危険が指摘されてしっかり要望も出している上張踏切の改修が進まないのはなぜか。JRとの話はどうなっているのか。
・外国人との共生のありかたは
・避難所運営のコロナ対応の市としての計画は?
・河合弥八記念館をしっかり広報して
・西山口地区の逆川土手を第2の緑の精神回廊に
地区で工夫をして動きを作ったりしているところは創造性を持ってまちづくりができるのかもしれません。
市への要望は区長会を通してしっかり届け、まち協の自主活動にはお金は出すが規制はゆるやかにして自由な発想で女性や若者も楽しめる活動ができるといいなあと思います。
大須賀は合併後も過疎化が進んでいます。南北道整備とともにトータルな計画( 文化財指定、横高存続、町並み)のもと、南部海岸線活用の計画も作って、との市長の発言でしたが、財源はないよ、といいながら活性化をはかるのはなかなか難しい話です。
河川や河口水門整備、防潮堤などは命を守るためにも企業の撤退を止めるためにも緊急課題で地元の譲れないという思いは伝わってきました。