八高山に計画中の風力発電のアセスメント(方法書)への県の意見とそれを受けた経産省勧告が先月出ている。
経産省勧告からは大事な部分も抜けて、❓まあ気をつけてやりなさい的な書き方だが、県知事意見は水、鳥、景観、災害回避や環境保全、観光などかなり踏み込んだ意見になっている。専門家の知見を聞き、万全な調査も求めている。
鳥の渡り調査をていねいに行った市民の皆さんからデータも見せて頂いた。
だいたい、土砂崩れで長期間通行止めになっている上の土砂災害警戒区域、水源かんよう林に巨大風力発電というのが無謀ではないのか。