4月の市議選にむけて走ります。家代の大井正さんとふたり複数議席の回復を目指します。
自公政権の掛川版では市民の命も暮らしも守れません。