掛川市議会総務委員会
「核兵器禁止条約への参加を国に求める意見書」提出の陳情を全会一致で不採択
誰も核兵器禁止条約の発効を喜ぶこともしない。口先だけで平和とか言わないで下さい。
傍聴の被爆二世のかたは全会一致の否決にびっくりした、とメールくれました。「掛川市議会って不思議な市議会だな。そういう議員が選挙で当選してしまうまちも不思議なまちだ。」と言ってます。私が陳情の方を事務局に取りつぎしたことを「共産党の議員と一緒にきた」と陳情者を色メガネで差別する発言もしたそうで、ホント情けない。自民党の皆さんには核兵器の廃絶の運動なんて自分事ではないのでしょうか?またしても情けない議会の実態が明らかになりました。
まともに条約読んで勉強したんだろうか?

花、アウトドアの画像のようです