生活保護受給を減らす目標をもつのが貧困対策だ、という自民党の議員さん。まともにつなげてない生活保護や就学援助をより減らすって?子どもの相対的貧困率14.3%に対して、生保受給率0.5%、就学援助利用率6.8%の掛川で何をしようとしているのか。しまいには生保のかたに「正常にするために就労支援を」
自民党の人権感覚はホントにひどい。発言撤回もしていません。議事録開示されたら是非読んで検討下さい。上から目線の信じがたい言葉使いです。