自治体学校
午前中は子ども・子育て支援
午後は生活保護
の勉強をしています。0.3%というとんでもない低い利用率の掛川市。生活保護につながないための掛川のやり方が存在します。
窓口に行かせないスティグマもあります。
救える人が救えていない現実を変えたい。
 
2人、画面、テレビ、室内の画像のようです